新ブログに引っ越ししました!
引っ越し先での調整が完了した記事から、非公開に切り替えていきますので、ご了承ください。


2013年12月30日月曜日

MUJIの家 モデルハウス 浦和店&香川店


前回に引き続き、MUJIのモデルハウスについて。
松本店は全体的にすんごく好きなタイプのおうちだったわけですが、やはり一部分でも「勉強になるぅ~~~!!!」ってモデルハウスもあるわけで。

ま、そのためのモデルハウスなんだから当たり前と言えば当たり前?笑


++++++++++++++++++++


浦和店:木の家
公式ページはコチラ⇒
浦和店で好きなところは、外構!!この木の感じがやっぱり落ち着く。残念ながら“天然木”としか書かれていないので、木の種類は不明。丸見えになることを防ぎつつ、それでもオープンな雰囲気は残るこの塀。いいですね~~。

木の家の外壁・ガルバリウムともこんなに相性がいいんだと再確認。ガルバの色によるかもしれないけど・・・。




++++++++++++++++++++

香川店:木の家
公式ページはコチラ⇒


以下、サイトより引用

香川店は高松国際ホテルの駐車場内に建てられています。玄関を開けると出迎えてくれる”和室”がアクセントの木の家。たたみのやわらかさと吹き抜けの大きな窓から差し込む光が、やさしく住空間を照らしだします。6間×4間半の広々とした空間の中にも、暮らしの安らぎを感じさせるモデルハウスです。
この間取りを見るとわかるのですが、香川店で特筆すべきは、モデルハウスの木の家にしては珍しく、2階に完全個室(主寝室)となる建具があること。

なかなかないタイプのモデルハウスなので、もしも完全個室にするなら・・・ってときのイメージとしていい感じ。ただ、この壁の色味(というか木目?)は好みではないけれど(笑)
吹き抜けを挟んで向かい合う部分も、半分は個室になるように建具が入っています。完全オープンとはまた違った趣の木の家。

実際に住むなら、この程度の仕切りがないと住みにくいような気がするんだよね・・・。子どもが小さいうちはいいんだろうけど、ある程度おおきくなったら、プライベートな空間も必要だろうし。(いやまだ子供はいないけどもね)

香川店はなかなか参考になるモデルだと感じました!



0 件のコメント:

コメントを投稿